GettingStarted

From 8x9craft
Jump to: navigation, search

ここでは、8x9Craftでプログラミングをはじめるまでの簡単なチュートリアルを紹介します。

クリエイティブモードでワールドを作成してゲームを開始してください。

はっくんを手にいれる

ゲームをはじめると、アイテムスロットに「はっくんの貝がら」というアイテムがあります。

Tutorial01.png

それを手に持って地面を右クリックすると、はっくんが登場します。

Tutorial02.png

はっくんのコマンド

/crab ではじまるコマンドを使えば、はっくんにいろんなことをしてもらえます。


さっそくはっくんを一歩前に動かしてみましょう。

動かしたいはっくんにカーソルを合わせてから、キーボードで次のように打ち込んでください。

/crab forward

Tutorial03.png

はっくんが前に動きましたか?

カーソルをはっくんに合わせていないと動いてくれないので気をつけてください。


次に、左に90度ターンさせてみましょう。

/crab turnLeft

Tutorial04.png

はっくんがターンしましたか?

turnLeftのLは大文字なので気をつけてください。


他にもはっくんのコマンドはたくさんあります。

どんなコマンドがあるのか見てみましょう。

/crab

Tutorial05.png

コマンドのリストが表示されました。

はっくんコマンドの詳しい説明は「はっくんコマンドリスト」を見てください。

はっくんのプログラミング

jsコマンドを使うと、JavaScriptでプログラムが作れます。

はっくんにカーソルを合わせてから、次のように入力してみましょう。

/js eval crab.forward();

はっくんが前進しましたか?


もっと長いプログラムを作りたい場合は次のように入力します。

/js 1 crab.forward();
/js 2 crab.turnLeft();

次のコマンドでプログラムを実行します。

/js run

はっくんが動きましたか? 動かない時はプログラムの打ち間違いがないか確かめてみよう。


自分で打ち込んだプログラムは次のコマンドで見れます。

/js list

Tutorial07.png

0001や0002は行番号といって、番号が小さいものから実行されます。

jsコマンドの詳しい説明は「jsコマンド」を見てください。


はっくんのプログラミングをもっと知りたいときは「 JavaScriptプログラムの作成」を見てください。

はっくんエディタ

とても長いプログラムを作りたいときは、はっくんエディタを使います。

次のコマンドを入力してみてください

/js

Tutorial08.png

青色のリンクが表示されるので、これをクリックします。 マウスカーソルが画面の真ん中から動かせないときは、/やTを打ち込むとカーソルが自由に動かせるようになります。

Tutorial09.png

Webサイトを開いていいか聞いてくるので、Yesをクリックします。

するとブラウザが立ち上がって次のような画面が表示されます。

Tutorial10.png

これがはっくんエディタです。

このエディタを使ってプログラムを作って実行してみましょう。

右側のプログラム編集エリアにプログラムを入力します。

crab.forward()
crab.turnLeft()

Tutorial11.png

実行したいはっくんをえらぶと、再生ボタンが出てくるのでクリックします。

Tutorial12.png

すると、プログラムが実行されるのでマインクラフトの画面を見てみましょう。

はっくんがプログラムの通りに動きましたか?

シングルモードでは、ゲームメニューを開いているとプログラムは実行されないので閉じておこう。

はっくんエディタの詳しい説明は「 はっくんエディタ」を見てください。


チュートリアル