New(editor)

From 8x9craft
Jump to: navigation, search

いよいよJavaScriptでプログラミングを作ってみましょう。

ここでは、プログラミングの変数について学びます。

プログラムの作成

はっくんにHelloと言わせるプログラミングを作ってみましょう。

次のようにエディタにプログラムを入力してください。

var message;
message = 'Hello';
crab.say(message);

プログラムの入力

入力できましたか?


変数の宣言

変数とは、データを記憶しておくための入れ物です。

変数を使うためには、まず変数の宣言が必要です。 変数の宣言はvarの後に好きな変数の名前をつけます。

セミコロン(;)は文の最後を表す記号です。

var message;

この1行で「変数messageを使えるようにしなさい。」という意味です。

これで変数messageが使えるようになります。

変数の代入

変数に文字や数字を記憶させることを代入といいます。 変数名を左側に、代入する値を右側に書きます。

message = 'Hello';

この1行で「変数messageにHelloという文字を代入しなさい。」という意味になります。

次のように書くと変数の宣言と代入を一度にすることもできます。

var message = 'Hello';

変数の参照

最後に、はっくんに命令します。

crab.say(message)

crabははっくんのことを意味します。 ドット(.)の後にsay(message)と続いています。 このsay()がはっくんに対する命令です。 sayの中で変数messageを使っています。 変数に代入したデータを使うことを参照といいます。

この1行で、「はっくん、messageに代入した文字を言いなさい」という意味になります。


はっくんエディタ プログラムの実行