Run(js)

From 8x9craft
Jump to: navigation, search

JavaScriptプログラムを作成

JavaScriptでプログラミングに挑戦してみましょう。 これはほんとうに短いプログラムを実行するコマンドです。

/js eval crab.forward()

このコマンドの、 /js eval の部分はこのコマンドの右にあるJavaScriptのプログラムを実行します。という意味です。

そして、crab.forward() が実際のJavaScriptのプログラムです。

はっくんコマンドを試してみた人には forward に見覚えがあるとおもいます。

このプログラムの crab は、はっくんの事を意味します。そして、. (ドット)で区切って、その後ろに forward()と続いています。 このforward()がはっくんに対する命令です。

この2つを合わせて はっくん、前進しなさいという意味になります。

JavaScriptプログラムを実行

それではこのプログラムを実行してみましょう。実行したいはっくんにカーソルを合わせて、コマンドを入力し、エンターキーを押してコマンドを実行してみてください。

はっくんが動くはずです。

はっくんがjsコマンドで動作


2つのプログラムを実行

だけど、これだけでは、 /crab forward コマンドとの違いがわかりにくいです。

そこで、js コマンドならではの書き方をしてみましょう。

JavaScritpでは次のように命令を連続して書くことができます。crab.forwrd()の後ろに ;(セミコロン)で区切り、さらにcrab.forward()といれてみてください。

/js eval crab.forward(); crab.forward()

このコマンドを入力し実行すると

はっくんがjsコマンドで動作

このようにはっくんが2回前進するはずです。

crabコマンドで色々試してみたい方は他のコマンドも気になるはずです。

crab.back()  や crab.turnLeft()  それから crab.up() など他のコマンドも使ってみてくださいね。


はっくんを動かす 長いプログラムの作成